千葉の鍼灸便り

大学病院・民間病院で勤務している鍼灸師のブログ。日本中に病鍼連携(病院と鍼灸の連携)を広めることを目的としている。

減らす健康法

こんにちは、渡辺です。

 

健康でいたい

健康になりたい

は、多くの人にとって非常に重要なことだと思います。

 

インターネットでも、本でも、テレビでも沢山の健康情報が毎日のように発信されています。

しかし、実際どれをやっていいのかわからない、「健康法迷子」の方が多いのではないでしょうか?

 

私も、少しでも良い方法を伝えることができるよう、常に情報をチェックしているのですが、多すぎて迷ってしまうことがあります。

実際に自分で試してみることもあるのですが、その時に気を付けているのが「減らす」と言うことです。

 

健康に関して調べていると、驚くくらいストイックに色々とされている方がいます。

その方には合っているのかもしれませんが、一般の方が真似するのは難しそうです。

 

また、色々やる事を増やすと、作業が増えてストレスもたまります。

結果三日坊主になって、習慣化できないといった事態になってしまいます。

 

そこで、時折そういった健康法の見直しと、減らす事をすることをお勧めしています。

特に、なんとなくサプリや健康食品を使用している人は是非やってもらいたいと思います。

(医療用に出されている薬は、担当医師とちゃんと相談してください)

 

効果が不明のものは一度やめてみて比較しましょう。

大抵のサプリや健康食品は通常の食事でカバーできるはずです。(ダイエットや美肌効果のある食品を取るよりも、日々の食事を見直した方が良い結果になると思います)

 

止めた結果、調子が良くないようならまたやればよいと思います。

 

そうやって、たまには「減らす」事をしないと、増えるばかりで、本当に自分に合ったものを見つけるのが難しくなります。

 

特に新しいものは非常にインパクトがありますが、研究が乏しかったり、効果が良くわからなかったりするものが沢山あります。(ちょっと前に出た美白化粧品による肌が一部真っ白になってしまう現象なども、十分に研究されていなかったことが原因です)

 

鍼灸は2000年以上の歴史を持っていますが、今でも研究は続いています。

 

新しいことを色々と試すのも、良いと思いますが、自分の健康法を見直してみることも、元気に過ごすためには良いのではないでしょうか。

ストレスとの付き合い方

こんにちは、石山です(o^^o)

 

日々の生活の中でイライラすること、落ち込むことは多いですか?

いわゆる「ストレス」を感じる事が多いのか、自分で判断できますか??

 

他人と比べられはしませんが、何となく多い少ないは分かるような気がしますよね!

 

そんなストレスとうまく付き合う方法

ストレス対処法(ストレスコーピング)を知って適度に解消しましょう\(^o^)/

 

 

①問題焦点型

   ストレスの原因である問題の解決に取り組む方法

 

②情動焦点型

    不快な感情を発散したり捉え方を変えるなどして昇華する方法

 

があります!!

 

ストレスの原因解決がどうしてもできない場合もありますので、ストレスの原因の性質によって対処法を使い分けることがポイントです!

 

他にもストレスに向き合わず、なかったことにする否認型やストレッサーを物理的に避ける回避型もあり、時として効果はありますが一つの方法に偏るのは心身症など招きやすいとされています。

 

私は運動で発散、あとはおしゃべりで発散するようにしています\(^o^)/

 

 

ストレス社会ですので、自分なりにストレスと上手く付き合っていける方法をみつけましょう(^-^)

 

 

鍼灸診療・ご予約に関するお問い合わせは、こちらでなく以下の医療機関まで直接お願い致します。

 

なのはなクリニック鍼灸外来  

電話番号:043−222−1135(受付)

住所  :千葉県千葉市中央区亥鼻2−2−3

診療日 :火曜/金曜/第2土曜

 

ファミール産院きみつ鍼灸外来

電話番号:0439−57−1135(受付)

住所  :千葉県君津市郡1−5−4

診療日 :木曜

 

ファミール産院たてやま鍼灸外来

電話番号:0470−24−1135(受付)

住所  :千葉県館山市北条2186−1

診療日 :第4土曜

 

鍼灸整骨院TAIU 

電話番号:070−3316−9194(直通)

住所  :東京都千代田区神田須田町2−17

診療日 :第1・第3土曜 

 

 

下半身のむくみ、冷えに人気のあの商品に潜む怖い罠

こんにちは

渡辺です。

 

下半身のむくみや冷え、気になっちゃいますよね?

そんな時に便利なのが「着圧ソックス」等と言われる、加圧式の衣類。

 

しかし、皆さんちゃんと使い方守っていますか?

実は使い方を間違えると、大変危険な商品です。

 

通常の商品であれば使用上の注意が必ず記載してあります。

ちゃんと読んでいますか?

 

という訳で、加圧式の衣類に関する一般的な注意について解説していこうと思います。

使ってる人や、使用を考える人は頭の片隅にでも入れておいていただけると良いと思います。

 

①きつい=効果が高いは間違い

重ね履きする人や小さいサイズをあえて購入する人は要注意です。

必要以上にきつくすると血行が悪くなり、足が冷えたり、栄養不足により足が汚くなってしまいます。

 

②常に使う

一日中使うのは間違っています。

ゆるくても、長時間使用していると血行が悪くなり、足に良くありません。

 

③昼よりも夜に使う

ダメではありませんが、昼に使った方が動くので、加圧式の衣類の作用を考えると効果的だと思います。

 

④糖尿病や装着部位に神経障害のある人

他の病気もそうですが、医療機関にかかっていて、血管や神経に持病のある人は一度医師に相談しましょう。

糖尿病や装着部位に神経障害の人は必ず医師に相談しましょう(って様な事が書いてあります)

 

⑤うっかり重ね履きに注意

加圧式衣類を着るときは、下着やソックスなども重なりすぎる可能性があるので、気付かないうちに締め付けていることもあります。特に、厚手の生地を下に履いたり、似たような効果をうたう商品には気を付けましょう。

 

健康グッズは上手く使えば、元気になったり綺麗になる事を手伝ってくれます。

しかし、使い方を間違えるとあなたの体に悪影響を与えてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

参考

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110408_1.html

国民生活センター 加圧を利用したスパッツの使い方に注意!

 

「アレ」を改めて確認することで、どれだけ体に水が貯まってるかわかるかもしれない話

こんにちは

渡辺です。

 

今回は、「便」についてお話します。

食事中の方は、食べ終えてから読まれることをお勧めします。

 

 

 

 

自分の「便」をちゃんと観察している人は少ないと思います。

せいぜい、便秘か下痢か位じゃないでしょうか?

大人になったら余程親しいか、家族でも話すのはちょっと勇気がいります。

聞いてて気持ちが良いものではないですからね。

 

ただ、東洋医学的には「便」は非常に大切な健康バロメーターです。

毎日細やかに観察しろとは言いませんが、もう少し気にしても良いかもしれません。

 

汚いもののイメージが強いですが、便はあなたの体の中から出たものです。

食べたものや、体内で作られたもののなれのはて、腸内の菌など様々なものが含まれており、便が不安定な場合は、体に何らかの不調がある可能性があります。

 

色々と見方はあるのですが、今回は今の季節に合わせて、むくみの状態をチェックするポイントをお伝えします。

 

体がむくんでる状態は、東洋医学だと「水滞(すいたい)」と考えます。

「水滞」は読んで字のごとく、水が滞ってる状態です。

 

本来水は体を適度に潤し、不要な分は汗やおしっこで外に排泄され、必要なら喉が渇いて水分を取りたくなるように体が上手く調整してくれます。

しかし、自律神経が乱れたり、冷えたり、ストレスがかかったりなど様々な要因で、この水のバランスが崩れ、特定の場所に水が溜まったようになるのが、水滞です。

足にたまると、皆さんの良く知る「足のむくみ」になります。

 

体に水滞が出来ると、水のバランスが崩れ、便にも変化が出ます。

 

最悪の場合は下痢ですが、大抵の人は、軟便や便器に便がこびりつく、大量の紙でおしりをふく必要があるような、べとっとした便になりやすいです。

 

この、べたついた便が暫く続くようだと、体の水分バランスが崩れている可能性があります。

自覚できるむくみが無くても、便に変化があった場合は、運動したり、マッサージしたり、水を一回で大量に飲まず、こまめに取るようにしましょう。

極端に水を飲む量を減らすと、便秘になったりもするので、のどが渇けば口は湿らす程度には水を飲み、出来れば運動しましょう。

 

毎日、すっきり、綺麗な形の排便が出来るように、体を整えましょう。

腸内細菌なども注目され、便の状態は腸の状態を現す鏡でもあるので、たまには自分の「便」をチェックして、健康具合を調べてみるのも良いかもしれません。

 

瘀血(おけつ)の説明!

こんにちは石山です(^.^)

 

今日は森田先生に施術をしていただく機会がありました♪

 

体質は色々なことが組み合わさっているできあがっていますが、私の体質の一つに

「血瘀(けつお)」があります。

 

瘀血という言葉は知っている人もいると思います!

 

まず血瘀とは・・・

 「瘀」は淀んでいる状態の事で、血の流れが緩慢になったり停滞して起こる病態

 

そして瘀血とは・・・

 滞った血のことで、病理産物である

 

この説明だどドロドロした血のイメージをしそうですが、血の流れが悪くなることにより血が新鮮さを失い、それによって不定愁訴や疾病があらわれると考えると良いです!

 

血瘀の特徴は

①針で刺されるような痛み

②痛い場所がいつも変わらない

③舌の裏側の静脈が紫色になる

④皮膚・唇などが赤黒い

⑤おへその周りを押すと重苦しい感覚がある

 

というような特徴があるので、血瘀がある人はご自分でわかるのではないかな?と思います(+_+)

 

 

この様な時は血に関係するツボがオススメです!

 

膈兪(かくゆ)

f:id:akira0704:20190707015203j:plain

膈兪は背中にあるツボですので自分では押すのが難しいですね💦

 

そんな時は...

 

血海(けっかい)

f:id:akira0704:20190707015339g:plain

ここなら自分で好きな時に押せます!!

 

 

ご自分で血瘀がありそうと思った人は、ゼヒツボ刺激してみてくださいね(*^-^*)

私も寝る前につぼ押しして、寝まーす(-_-)zzz

 

 

 

鍼灸診療・ご予約に関するお問い合わせは、こちらでなく以下の医療機関まで直接お願い致します。

 

なのはなクリニック鍼灸外来  

電話番号:043−222−1135(受付)

住所  :千葉県千葉市中央区亥鼻2−2−3

診療日 :火曜/金曜/第2土曜

 

ファミール産院きみつ鍼灸外来

電話番号:0439−57−1135(受付)

住所  :千葉県君津市郡1−5−4

診療日 :木曜

 

ファミール産院たてやま鍼灸外来

電話番号:0470−24−1135(受付)

住所  :千葉県館山市北条2186−1

診療日 :第4土曜

 

鍼灸整骨院TAIU 

電話番号:070−3316−9194(直通)

住所  :東京都千代田区神田須田町2−17

診療日 :第1・第3土曜 

 

 

ゆで卵ダイエット

こんにちは

渡辺です。

 

最近、良いダイエット法について色々と調査、検討していまして、良いアイデアがまとまったので、公開させて頂こうと思います。

 

太る原因の一つとして、食べ過ぎがあります。

特に、食べるスピードが速い人は、血糖値が上昇する前に大量に食べてしまい、満腹感を感じる頃には、食べ過ぎになっている、なんて事が起きやすいです。

この状況を繰り返していると、食事量がなかなか減らせないだけでなく、食べ過ぎによる生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

 

このような人の場合、実は食べるスピードさえゆっくりにすると、すんなり体重が減ったり、太りにくくなる場合があります。

 

しかし、食べるスピードは癖みたいなもので、中々変えるのは難しいと思います。

 

そこで『卵を利用して強制的に食事スピードを落とそう』と言うのが、今回のアイデアです。

 

卵と言っても、使うのは殻付きゆで卵。

先にむいてはいけません。

 

このゆで卵を、食事に加えます。

 

ゆで卵は、高たんぱくで、栄養価も高く、何より腹持ちが良い食べ物ですが、今回はそこがポイントではありません。

 

卵をむくには、両手を使う必要がありますので、一回食事がストップします。

特に新鮮な卵を茹でて、ゆっくり冷やすと、非常にむきにくいゆで卵になります。

 

その為、確実に途中で食事をストップして、食事時間が延び、いつもよりも少ない食事量で満足できるようになります。

 

ゆで卵を食べるタイミングは、食事の中盤が良いでしょう。

満腹感を得るには、血糖を上げる必要があるので、最初にゆで卵に取り掛かってしまうと、効果を得られにくいと思います。

 

もちろん、卵に頼らず、しっかり噛んで食べるようにすれば、自動的に食事時間は伸びますし、噛むことで消化吸収がしやすくなるので、胃腸の負担も減り、沢山噛むことで全体の食事量が減りやすくなります。

しかし、最初の方で書いた通り中々習慣にするのは難しいので、まずはゆで卵を利用して、一食だけでも良いのでゆっくり食べてみてはいかがでしょうか。

 

特に疲れて食べ過ぎやすい夕飯の改革がお勧めです。

 

セルフエスティームと言う心の栄養剤

渡辺です。

 

セルフエスティーム」と言う言葉を知っていますか?

 

まだあまり有名になっていないので、知らない方も多いと思います。

 

 

セルフエスティーム」は、日本語だと自己肯定感と言う意味になります。

 

自分に対する自信ですね。

 

この自己肯定感が減りますと、急な不安に襲われたり、小さなことが気になってしまいます。

もちろん、性格として、不安になりやすい人や、細かい人はいますが、自己肯定感が減るとその傾向が悪化します。

余りに自信満々なのも、どうかとは思いますが、ある程度自己肯定感を高めておくのは、ストレス対策として非常に効果的な方法です。

 

しかし、自信なんてそんな簡単につくもんじゃないよってなると思うのですが、良い方法がありますので、お伝えしたいと思います。

 

それが、セルフコーチングと呼ばれる手法で、簡単に言えば自分で自分を励ます方法です。

 

やり方は簡単です。

①可能な限り一人になれて、静かな空間に行きます。

 耳栓や、アイマスクなどを利用すると良いかと思います。

 

②すぐそばに、もう一人の自分がいると思って想像します。

 

③悩みや不安を打ち明けます(言葉にしなくても、心で思うだけでも良いです)

 

④想像したもう一人の自分が、根拠は無くて良いので「大丈夫」「問題ない」「心配いらないよ」「十分頑張ってる」と無条件に自分を受け入れ肯定してくれるイメージを持ちます。

 

暫く③と④を繰り返します。

 

暫くやって、少し落ち着いたらおしまいです。

 

 

簡単な方法ですが、しばらく続けると気持ちが落ち着き、自己肯定感が高まります。

 

自分をイメージするのが難しい場合は、紙に不安を書き出して、それに対して、紙の上で同じように、自分の不安を受け入れ、肯定してあげましょう。

誰に見せるわけでもないので、どんな悩みでも構いませんし、がんがん受け入れてあげましょう。

受け入れ、肯定する時は、理由も根拠も必要ありません。

 

心配の9割は実際には起きないと言った言葉もあります。

自己肯定感を高めて、小さな不安に負けない自分になっちゃいましょう!